So-net無料ブログ作成
検索選択

京都ドライブ日記 東山花灯路編 [ドライブ]

IMG_9326.jpg
 今回は京都へのショートトリップ。仕事を終えてから新名神を走って京都をめざします。
IMG_9263.jpg
 京都まではほんの1時間半程度。京都東インターから山科を越えるあたりが少々混雑しますが、他は順調に走る事ができるのでした。ホテルの駐車場に車をほりこみ、チェックインです。今回のお部屋は、一度泊まってみたかった和室をチョイスしてあります。
IMG_9290.jpg
 部屋はちょっと古めの旅館といった感じでしょうか。庭は綺麗なんですけどね。
IMG_9268.jpg
 荷物を置いたら市内の散歩。京阪三条の駅前が随分変わっています。北海道まで行かなくても山頭火のラーメンもここにできているのでした。ところで、このおじぎしている薩摩藩士って前からあったのかな?気がつかなかったなぁ。
IMG_9306.jpg
 河原町通りを越えてビルのすきまから奥に入ると、こんなところにこんなこじまりとしたお店があるなんてという風景に出会います。
IMG_9313.jpg
 すみやという針屋さんなのでした。
IMG_9527.jpg
 お裁縫セットと犬が頭についているマチ針を買ってしまいました。裁縫なんてしませんけどね。なんか、欲しくなってしまうような物なのでした。
 買い物の後は四条まで下り祇園へ。八坂さんから東山花灯路の舞台になっているエリアを散策開始です。
IMG_9318.jpg
 円山公園は生け花の展示もあったりと派手な感じになっています。もう少し遅いシーズンなら夜桜も良い感じだと思うんですけどね。さて、まずは高台寺です。
IMG_9340.jpg
 ねねの道は人が通らないところが良い感じです。
 高台寺のライトアップはなんだかディスコの照明みたいです。
IMG_9348.jpg
IMG_9359.jpg
 途中で、高台寺に向かうきつねの嫁入り道中に出会いましたが、何か言われがあるんでしょうかねぇ。あっという間に通り過ぎていったので、写真を撮るのが精一杯だったのでした。
IMG_9372.jpg
 次は知恩院。残念ながら山門には夜はあがることができません。翌日の夜はイベントがあってあがる事ができるようだったので、一日遅らせてくればよかったかなとも思うのでした。
IMG_9407.jpg
IMG_9385.jpg
 最後は青蓮院。こちらは青いダイオードをつかった照明と夜空にまっすぐのびるサーチライトで、悪く言えばパチンコ屋?どうも、花灯路は京都に期待した風情とは遠いところを目指しているイベントのようです。
IMG_9449.jpg

 ホテルに戻るともう9時前です。ホテル内のレストランで夕食にしましたが、結構高くつきました。イルギオットーネに行ってみたかったんですが、予約がとれなかったので仕方がないですね。
 部屋に戻ると布団が敷かれています。ヘブンリー布団だそうですが、寝心地はヘブンリーベッドより少し固い感じかな。ワッフルみたいな布団だった二期倶楽部の布団の方が私は好みですね。
IMG_9463.jpg

 翌日は朝からホテル裏手の山を散策して、朝食のあとゆっくりと出発です。
IMG_9549.jpg
 醍醐寺によってみましたが、桜の季節にはまだ早いようです。秀吉の花見のイメージはちょっとわきませんでしたが、三宝院の庭はのんびり眺めるのにはぽかぽかとひなたぼっこをしながらいい感じでした。桜の季節にまたきてみたいと思います。でも、なんで、ここは建物だけでなく、庭も撮影禁止にしているんだろう?意味がよくわかりません。
IMG_9584.jpg
 次に宇治にまわって、源氏物語ミュージアムに立ち寄ってみましたが、いまひとつでしょうか。わざわざ行くというよりはついでに立ち寄る程度の所ですね。とはいえ、源氏物語から1000年ということで、地元では力がはいっているようです。光源氏そのものもあんまり良く知らないのですが、薫の君の話なるとさっぱりです。
 宇治からは天ケ瀬ダムの横を抜けて瀬田川沿いから草津田上、信楽をぬけて新名神に抜けるというルートで帰ります。と、いうよりはちょっと道に迷ったんですけどね。
IMG_9591.jpg
 パーキングエリアでホテルで作ってもらった花弁当でお昼です。
IMG_9596.jpg
 帰りの新名神では同じパトカーに二度抜かれました。最近は、赤色回転灯をつけなくてもスピード違反をして良くなったのかな?抜かれた速度からいくとパトカーは40kmくらいはオーバーして走ってるような感じだったけどなぁ。
 あ、そういえば、ガヤルドにも抜かれました。トンネル内では爆音ですな(笑)
IMG_9600.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: