So-net無料ブログ作成
検索選択

アウディR8に乗りに行こうの巻 前編 [ドライブ]

IMG_1358.jpg
デビューからそろそろ1年、ようやくじっくりと触れる機会がおとずれました。突然ご招待をいただいたAudi R8 Ultimate Driving Experienceです。実はダイナースクラブの方から開催の案内があったので、やっているのは知っていたのですが、仕事が忙しいだろうっていうことで、申込みをしていなかったイベントなのでした。
でも、別ルートからのおよばれをいただき、あわてて仕事の調整をして一日予定を明けたのでした。当然、忙しいので日帰り予定だったのですが、朝の開催時間に家からの出発では新幹線を使って間に合わないということが判明したのでした。

そんなわけですから、前日、仕事を終えてからこだまに乗って静岡県です。三島からはまたまたプリウスを借り出して前泊の宿を目指すのでした。

プリウスでの箱根峠はまったく面白みがありません。登りなんて燃費も悪くなりそうだし、コーナーもふんばらない感じがいまひとつ。飛ばさないでゆっくりと走ります。それでも、大型トラックよりは速いペースです。峠の頂上からは1号線から離れて強羅方面へ向かうルート。ヘッドライトが少し暗い気がして走りにくいと感じるのでした。

IMG_1298.jpg
道がすいていたおかげで、三島からホテルまで1時間ほどでついてしまいました。駐車場はなぜかBMWだらけです。アルピナB5や650やらと10台近く駐まっていたんじゃないでしょうか。

IMG_1311.jpg
チェックインをして、晩ご飯はルームサービスで箱根山麓牛の牛丼。かなり美味しかったですよ。あとは、温泉でくつろいで明日に備えるのでした。もっと早くホテルに着けるんだったら、ホテル内にあるIZUMI SPAでまどろんでみたかったんですけどね。なかなかスパ体験はできません。

さて、翌朝です。

IMG_1318.jpg
なんだか、ひさしぶりにスペシャルなクルマに乗るので興奮気味なんでしょうか。思ったよりも早起きしてしまいました。シャワーを浴びて、しばらくすると朝のコーヒーをウェイターさんが届けてくれます。目をさまして、さっさとチェックアウト。富士スピードウェイへと出発です。

やっぱり箱根の道は自分の車のほうが良いです。ただ、往復の東名高速をだらだらと走るのがイヤで新幹線を選択してしまったので自業自得。朝の涼しい木々の間をプリウスでドライブなのでした。乙女峠を越えても曇り空で富士山は見ることができませんでした。

御殿場市内に入り、マクドナルドで朝ご飯。時間調節をしてふたたび富士スピードウェイへと向かいます。

現地に到着してもそんな大がかりなイベントをやっているような雰囲気が東ゲートからは感じられませんでしたが、メインスタンド前まで上がると、プリウスが場違いな感じ満点なのでした。いやぁ、すでにR8オーナーの方まで参加されています。もちろん駐まっているクルマはアウディがほとんどという状況なのでした。まあ、ここ富士スピードウェイはトヨタの拠点なので、プリウスでも許してもらう事にしましょう。

IMG_1333.jpg
スタッフも大勢動員されているようですが、その割に参加者は少なめ。10人ほどのグループ4組が半日単位で二日間となっているようです。

IMG_1330.jpg
受付をすませて会場に入ると、どこかでみた後ろ姿。じゃいあんさんがおいでになっていました。4Ringsさんや以前お会いしたBMW乗りのTさんなんかもお見えになっています。楽しい一日になりそうです。

IMG_1334.jpg
イントロダクションはアウディジャパンの社長さんや今年のルマンウィナーのアランさんのお話などからスタートです。ADEのインストラクター陣も勢揃いです。ひさしぶりにHさんにもお会いしましたが、日本にいなかったんですね。

IMG_1342.jpg
DグループはいつものADEのコンパクト版のようなプログラムからスタートです。クルマはR8と豪勢ですが、内容はコンパクトすぎ(笑)。R8の性能を味わい尽くすまではいきませんが、雰囲気を味わうというレベルです。それでも、おもいっきりブレーキを踏んだりなんて普通の試乗ではでいない体験です。クルマの性能が良すぎて、コーナリング中の急ブレーキでもブレーキを踏みながらの障害物回避でも安心してできてしまうのでした。もう少しはらはらどきどきしたいものです。

あとは、バターになるようなプログラムがあるとうれしかったのですが、さすがにそこまではこの短い時間のプログラムでは無理難題ですね。R8でのドリドリをあじわってみたかったなぁ。

IMG_1346.jpg
さて、クルマは2人乗り。同乗してというわけにはいかないので、つぎつぎと乗り変わって、あっという間に時間が過ぎていきます。初めて運転したR8ですが、乗ってしまえば普通にアウディっていう感じ。おとなしく走るなら普通に使えてしまいそうです。装備されているRトロニックはクリープがなく最初とまどいます。ブレーキもふまずにDモードでぼーっとしているといつの間にかNになっていたりするところが不思議なのでした。

IMG_1369.jpg
設定されている直線区間が短いので、シフトアップした直後にブレーキポイントでぎくしゃくした動きになってしまうのはしかたのないことですね。

IMG_1352.jpg

後編へ続く
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL: