So-net無料ブログ作成
検索選択

ホノルルRUN&RUN 3戦目のやっぱり初日 [ホノルルマラソン]

 飛行機で夜を越えればホノルルの朝です。まだ、現地は11日なんですよね。そんなわけで、今日が本当の初日です。

 この時期のホノルル空港はJALだらけっていう印象を受けます。定期便に加えてチャーター便もほぼ同じようなスポットに駐機するから、いっそう印象が強くなるわけですが、みんな標準塗装の機材だったのが、ちょっとつまらなく感じます。

 先に到着した日本便のお客さんが入国審査で長い列

 とりあえず、流れのよさそうな列をみつけて、その後ろに並びます。いったいいつ入国できるんだろうっていう感じも受けますが、飛行機自体はちょっと定刻より早くついているので、ここで相殺されて、元の時間になってしまう気がします。

 しかし、せっかくハワイにくるのに、どっからどうみてもランナーっていう人が多いのは何故なんでしょう。荷物を軽くするため?まあ、楽な格好ではありますが、リゾートを楽しむっていうよりマラソン優先なんでしょうね。

 ESTAという新しい入国の仕組みが加わってからのはじめてアメリカなんですが、なななんと、犯罪者っぽいっす。いままでの指一本と顔ではなくて全部の指と顔。ほとんどROMES06の世界。それとも、CIAとかにデータを改ざんされて・・・・。ドラマや映画の世界が現実になるかもしれません。

 とはえい、これをしないと入れてくれないので、おとなしく指紋をとられて、入国です。目的はってきかれて、リゾートを楽しみきている私ですが

マラソンっ」とこたえておきました。

 荷物をピックアップすると、個人客用の出口へ。出たところではトイレで着替えたりしている人がうろうろたむろしています。私はレンタカーの予約をしているので、カウンターよりも近いシャトル乗り場にとりあえず行って壁にかかっている電話をとったら、不通でした。どうも、このあたりのシステムはいまひとつわかんないですね。普通は出口にレンタカーのカウンターがすぐあるものですが、ここはカウンターがなぜか遠いんです。

 それでも、シャトルがきたので手をあげたら、あっちだと指さされます。で、そっちむいて一生懸命歩いてシャトルの止まったところにおいついたのですが、さっきの場所と違いがわかりませんでした。

 どこが乗り場やねんっ!

 そんな気持ちですが、まあ、乗れたからオッケーってことにしておきます。

 今回、貸してくれた車はリンカーン・タウンカー・シグニチャーLというフルサイズのアメ車。ベンチシートだし、ボロだし、いかにもアメリカっていう感じの車でした。どうも、ハーツのハワイはボロい車しか貸してくれない気がします。それとも、どこでも、ぴかぴかなレンタカーはおいていないのかもしれません。

 本当はオープンカーが好きなんですが、やっぱり値段の安さで、こっちになっちゃいました。ひとり旅だとコンパクトサイズでも十分なのですが、ハーツの2クラスアップグレードの恩恵でこの大きさなんです。

 去年買ったガーミンのNUVIも持参しているので、さっそく取り付けてアラモアナセンターに向かいます。まあ、なくても行ける自信はありますが、せっかく持ってきたので使いましょう。

 ナビにいわれるままに、H1を東へ。結構車が多くて走りにくいです。ホノルルもそろそろ電車が必要になるかもしれませんね。アラモアナセンターも駐車場のあきを見つけるのに一苦労です。車内でリゾートな服装に着替えてサンダルを忘れてきたのでクロックスで探します。気に入ったものが黒しかなくてここのお店での購入はあきらめ、とりあえず、コンベンションセンターにゼッケンの引き替えに行く事にしました。

 ドコモショップで携帯ストラップをもらって、ナイキショップで小物を買って、戻ります。アップルストアなんかも見てからチェックインまでまだまだ時間があるのでちょっとドライブ。カピオラニ公園ではマラソンに向けての準備が着々と進んでいました。

 マラソンルートを走りつつ、カハラモールでお昼に。ちょうどクリスマスのこの時期。こどもたちの合唱隊がクリスマスツリーの前で歌っています。さすがにこどもの歌ではブルークリスマスは歌われないですが、BGMではこのあとしょっちゅう聴くハメになるのでした。たしかにハワイっぽいしね。

 少しハナウマ湾の先までドライブをして、3時になったらホテルにチェックインです。ここオアフでは歴史のあるモアナサーフライダーに初めて泊まります。ちょっとわくわくしますが、駐車場とかどこなんでしょう。面倒なので、もちろんバレーパーキング。

 もらったパーキングチケットを見ると少し離れた系列のカイウラニの駐車場をつかっているようで、車を出すときは15分から20分みてねっ!と書いてありました。ご利用は計画的にです。

 お部屋はダイヤモンドヘッドタワーの7階。オーシャンフロントです。全面海の風景ですが、お気に入りのダイヤモンドヘッドはダイヤモンドヘッドタワーなのにバルコニーからしか見えないのでした。このホテル部屋の選択にはとても悩みました。クラシックウィングだとよくてもパーシャルオーシャンビュー。運がいいとダイヤモンドヘッド側ですが、そうでないと、ただの古いホテルです。ダイヤモンドヘッドタワーならオーシャンかシティかの二択ですから、まちがいなく海が見える部屋を選べます。もちろん新館の高層階でダイヤモンドヘッド側ならいいんでしょうが、折角泊まるんだったら歴史を感じる部屋のほうがいい気もするし・・・・。

 そんな中での予約は悩みに悩んで今回のオーシャンフロントにしたのでした。

 まあ、さすがに古いホテルです。雰囲気を楽しむことにしましょう。市街地が近いホテルですから、まずはお散歩に出発です。ヒルトンだと少し中心部から離れているのでにぎやかな町の感じを味わうのは、こう気楽にはいきません。ホテルから外へでると、阿波踊りの一団やらに遭遇します。

 このままカピオラニ公園まで今度は歩いて行ってみましたが、1kmくらいでしょうか。結構近いことがわかったので、ゴールあとは歩いて帰れるかなって思いました。

 しかし、ここから見えていた山がダイヤモンドヘッドだったなんて・・・。なんか、意識の中にいままでなかったことが自分の中で不思議な風景でした。

 なんで、いままで意識してなかったんだろう?人混みに目をうばわれていからかもしれません。

 さて、夜は、3度目にしてはじめてのルアウ。いままでもチケットだけは事前に買っていたのに、一度も見に行ったことがありません。3度目の正直。ようやく、ルアウに突入です。ひとりではこころぼそかったので、mixiのみなさんの決起集会にまじる予定をしていたのですが、遅刻をしてしまい、お会いしたことがない方ばかりなので、どこにいるのかさっぱりわかりませんでした。

 雰囲気は良かったですよ。

 でも、ひとりでいると、ちょっと間がもたなかったので、肝心のジェイクシマブクロがでてくる前に引き上げてしまいました。日が落ちると思ったより寒いんです。(え?心がですか?)

 後悔したのは、みなさんとお会いできなかった事と、安田美沙子さんや長谷川理恵さんも登場したらしいのですが、拝見できなかった事かな。もちろん、一番聴きたかったジェイクの生演奏も聞き逃したのは残念です。

 それでもちょっとだけルアウの雰囲気を味わって配給のような夕食をいただいて、一応目的は達したことにしておきます。

 まあ、時差呆けもちょっとでてきているので早く寝ましょう。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: