So-net無料ブログ作成

ばたばたホノルルマラソン 2015 day3 [ホノルルマラソン]

ばたばたとしたホノルル滞在を送っていたら、あっという間にホノルルマラソン当日になってしまいました。時差ぼけ継続のまま早起きをしたらシャワーを浴びて出撃します。

AM4:00 アラモアナセンターに向けてホテルからぼちぼちと歩いていきます。ホテルを出た途端にぱらっと雨。でも、部屋に戻るのも面倒でポンチョなしでスタート地点へと向かいます。寒さもあったりするので、雨じゃなくてもポンチョは必ず持ってスタートにむかう方がいいみたいです。なかなか学習できていません。

最近はコンベンションセンター方面からアラモアナホテル前に回りこむルートが多かったのですが、今回はずっと海側を歩いてみています。このルートは送迎バスに阻まれることがあるんですね。次回このルートを歩くときは同じルートでも海側じゃなくて山側を歩きましょう。

いつもよりは早めにスタートに向かったつもりですが、もうすでに混雑しています。ほのるるったーのみなさんにもなんとかあえて、あっとう間にスタートタイムです。

AM5:00 スタートの号砲とともに花火が上がり2015年のホノルルマラソンスタートです。スタート台では相武紗季さんが手を振ってランナーをお見送り中。もっとゆっくり花火を見上げてからスタートするつもりがランナーの波に押し出されてスタートしてしまいました。

今年も、いつものようにホノルルシティライツの前で記念撮影。見ず知らずのランナーさんにシャッター押してもらっているのですが、なぜかストロボが発光しなくて綺麗に撮れませんでした。このポイントに公式カメラマンを配置して欲しいと思うのは私だけでしょうかねぇ?撮影行列ができちゃいと思うんですけれどね。苦笑

PM6:00 ホテルを出る前にトイレに行けていない年が続いています。今年もやっぱり、このあたりでトイレに行きたくなってきて、初めて自分の泊まっているホテルに戻って用を済ませます。ホテル側から見るランナーの風景っていうのは初めての視点です。

少し遅めのペース配分でホノルルの街をすぎ、ダイヤモンドヘッドの坂へと向かいます。徐々に空が白み始める中、車椅子ランナーが対向車線を帰ってくるいつもの風景です。

PM7:00 朝日が登り。世界が一変します。まだまだ先は長いのですが、ちょっとロマンティックな時間です。そんな中、トップランナーも対向車線を戻ってきています。

ボランティアのロープ持ちのみんなに元気をもらいつつ行きのダイヤモンドヘッドを踏破してカハラへと足を踏み入れるのでした。

カハラエリアに入って、ふと気がつくと、こじるりに抜かれたっ!

今年は負けない気満々だったんですが、ちょっと失速している最中だったので追いかけられませんでした。

公式カメラに気を取られていると、すぐそばで相武紗季さんが先回りをして応援中。すごく走れそうなフォルムをしているのに、応援だけなんですね。おかげで、どちらにも意識が中途半端で失敗したなって思う曲がり角でした。

そしてまた、ふと気がついたら、赤井英和さん親子に抜かれました。この後、この親子とは数回抜きつ抜かれつでしたので、もしかしたら、新年のTBSの放送に映っているかもしれません。でも、どちらかといえば、後ろから撮影のジープが迫ると音を聞いて抜かれないように踏ん張って走ったりしたので、映るようなポジションにはほとんどいませんでしたけれどね。苦笑

PM8:00 ハイウェイに予定よりも遅れて突入。前回、他の人がやっていて気になったハイウェイ独り占めポジションでの撮影です。また、見ず知らずのランナーさんに声をかけてシャッター押してもらいました。タイミングが難しくて、飛んでる感じがあまり出てませんが、独り占め感が出たのでそれは良しとしましょう。

この先で赤井さんが足つってましたが、また走り始めたようです。

こんな感じでヘロヘロしながらハイウェイを走ります。ん、歩きますかな?

PM10:00 とにかく、暑くてスポンジやゲータレードのお世話になりっぱなし。でも、雨より私は好きですね。

途中、救急車の搬送も何度か目撃しつつ、タフなレースとなったようです。

PM12:00 なんとか、ゴールに到着。予定よりも1時間遅れ。ギリギリ、表示タイムでの6時間台も達成できずに残念な結果となりました。でも、生きて帰ってこれれば丸儲けです。7時間も楽しんじゃったと思うことにするのでした。

可愛いお姉さんに貝殻のレイをかけてもらったら、ようやく終わったという感じがこみ上げてきます。

今年はJAL便なのでJALテントで休憩。足を冷やして負傷のチェックをするのでした。

今回は、指の爪の下での内出血が1箇所で済んだようです。とにかく、疲れたというか、お腹が空いたかな。マラサダ食べてちょっとハッピーです。

着替えを受け取って着替えたら、今回のチームを組んだ二人と合流。足引っ張ったなぁってゴメンしておくのでした。

一休みしたら、歩いてホテルに戻ります。やっぱりサンダルは大事ですね。一度脱いだ靴は履きたくないですから。笑

プールで足を冷やしつつ、夜の打ち上げに備えます。

PM5:00 ちょっと早めの打ち上げをヘブンリーで。

レース中には顔を合わせなかった10人と楽しくお食事。ここの店員さんたちも完走Tシャツをきていました。とにかく、ほっとするひとときです。

そして、一応、二次会も。疲れているけれど、ビールで乾杯。でも、あまり飲める人がいないのか、おつまみの方がメインなのかな。

お疲れ様でした。また来年。 Same day, same placeで。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。